調和させたワールド、左右相称の反映 − ウロ・ソーステル(Ülo Sooster)、ユリ・ソボレフ(Juri Sobolev)、トゥニス・ヴィント(Tõnis Vint)、ラウル・メール(Raul Meel)

調和させたワールド、左右相称の反映 − ウロ・ソーステル(Ülo Sooster)、ユリ・ソボレフ(Juri Sobolev)、トゥニス・ヴィント(Tõnis Vint)、ラウル・メール(Raul Meel)

時間: 03.03.17–11.06.17  10:00–18:00
場所: クム 美術館 KUMU

4 展示室

本展は、当時の政府に認められなかったソビエト時代のモスクワとタリンのアーティストによる考え方やアイディアの交換を調べたものです。四人の名高い芸術家の重要な共通点は、作品の中に芸術と科学を混在させたことにあります。

本展担当者:アンナ・ロマノヴァ(Anna Romanova)、エハ・コミサロフ(Eha Komissarov)